NETIS取得

NETIS登録品(KK-180001-A)
※発泡絶縁型漏えい同軸ケーブル(上のアイコンをクリック)へ

※NETIS … 国土交通省 新技術情報提供システム
「NETIS」Webサイト

漏えい同軸ケーブル(LCX: Leaky Coaxial Cable )は、ケーブルの外部導体に電波を漏らすための孔(あな)を設けた特殊構造の同軸ケーブルです。孔を設けることにより、信号の伝送及び信号の一部を電波として外部に放射する二つの機能があります。

トンネル内での消防・警察等の保安通信用無線、道路管理無線、FM放送再送信、モバイル音声・データ通信等の「アンテナ」として利用可能です。

従来のLCXは絶縁体に充実のポチエチレン紐、内部導体にスムース銅管が用いられていましたが、絶縁体を発泡ポリエチレン、内部導体を波付銅管とすることで、軽量化、可とう性を向上させました。また、ケーブルに接続するコネクタの構造及び取付け工法を改良することにより取付け作業を簡易化しました。

経済性、品質、施工性の向上及び工期の短縮が期待できる点で、従来のLCX製品よりも優れています。

「LCX」紹介映像

"What is LCX?" video

漏えい同軸ケーブル(LCX)
漏えい同軸ケーブル(LCX)

特長

  • ケーブル・コネクタが軽量なため、施工性が向上する
  • ケーブルの可とう性が良い
  • コネクタの取付けが容易なため、取付け時間を短縮できる

用途

漏えい同軸ケーブル(LCX)は、下記のような環境でも活躍しています。
詳しい事例は担当者にお問い合わせください。
漏えい同軸ケーブル(LCX)利用例:電車 新幹線、地下鉄等の列車用無線通信アンテナ
漏えい同軸ケーブル(LCX)利用例:トンネル トンネルなどの不感知帯の無線通信アンテナ
漏えい同軸ケーブル(LCX)利用例:地下 地下街などの不感知帯の無線通信アンテナ