診断装置メニュー

製品分野メニュー

特定用途形部分放電測定器オールインワンタイプ,低周波法

形式: B009(旧 QM-50)
一般電子部品・モールド製品試験用,低圧小型モータ異常検出用 発生電圧5.0kV 200VA

放電電荷(Q)が設定値以上になるとアラームを出力します。工場の生産現場あるいは変電所などのフィールドにおいて,この1台の測定器で部分放電が簡単に測定できます。
B009
B009

特長

  • 低周波法なのでほとんどの供試体に使用可能。
  • この測定器1台で部分放電測定ができる。コロナフリー試験用電源,パルス発生器ブロッキングコイルなど必要機器が全てセットアップ可。
  • V-Q特性がメータで直読でき,放電開始・消滅電圧が明瞭に分かる。
  • 良否判定回路内蔵により良否判定が可能。
  • コンパクトな可搬構造。

性能

形式B009
品名特定用途形部分放電測定器
(電子部品・モールド製品 試験用)
方式低周波部分放電測定 パルス数制御方式
測定器部通過帯域幅15kHz~150kHz -3dB
指示計5~5000pC
減衰器1/1 1/10 2レンジ
累積発生頻度50または60pps
良否判定回路10pC~5000pC 任意可変 ランプ表示
パルス校正部方式水銀リレーパルス発生方式
出力電圧5~5000pC
立上り時間30ns以下
周波数約95pps 非同期時
標準発生電荷0,50,100,150,200,250pC 6段切替 ×1,×10の2レンジ
標準静電容量50pF
検出部方式セラミックコンデンサパルス検出
最高使用電圧AC5000V(5pC以下)
静電容量1000pF
高電圧発生部入力電源AC100V,50/60Hz
出力電圧AC0~5000V,連続可変・任意設定
出力容量200VA(試験試料静電容量 0.025μF,50Hz時)
耐圧5500V,1分間
指示計5kVF.S. 2.5%
コロナ特性5kVにて5pC以下
保護回路過電流保護回路,零電圧投入回路
その他の回路突印課電許可回路付
寸法・質量405W×410H×300D(mm),約35kg
付属品高圧ケーブルコロナ特性2500V,5pC以下 2m1本
接地線1.25mm2ビニール線 5m1本
電源コード1.5m1本

回路構成

B009 回路構成
ページトップへ