FDCって何?

優れた製品とサービスを提供する産業用電線のトップシェアメーカー

A:優れた製品とサービスを提供する
産業用電線のトップシェアメーカー


フジクラ・ダイヤケーブルは、2005年よりフジクラと三菱電線工業の合弁会社として、建設・電販向けの販売事業を展開してまいりましたが、2016年4月、両社の産業用電線事業の製造・販売機能を統合した産業用電線メーカーとして大きく生まれ変わりました。
フジクラ、三菱電線工業の両グループが、永きに渡り培ってきた技術力・開発力・製造力・提案力。
当社は、これらの強みを最大限に活かしたシナジーを発揮し、お客様の信頼に応えます。
製販一体型の産業用電線メーカーとして、これまで以上に顧客ニーズにマッチした高品質の製品やサービスを提供することで広く社会に貢献していきます。

FDCのアピールポイントは?

フジクラ・ダイヤケーブルの製品は、社会のあらゆるところで活躍

A:フジクラ・ダイヤケーブルの製品は、社会のあらゆるところで活躍しています。


現代社会は、電力ネットワークや通信ネットワークをはじめとした、様々なネットワークが構築され、それぞれが連携しながらその活動を維持しています。
フジクラ・ダイヤケーブルは、これら社会基盤に必須な各種電線・ケーブル類・各種診断装置を余すところなくラインナップすることで、社会インフラや産業の発展に貢献し、お客様に対してのワンストップ・サービスを実現しています。


知っ得情報

なんと!フジクラと三菱電線工業の製造合流は116年振りなんです!

フジクラ 年代 三菱電線工業
藤倉善八 生誕
藤倉善八
1843(天保14)年
藤倉善八 24歳 1867年(大政奉還)
1868(明治元年)年
藤倉善八 29歳 1874(明治7)年 恩田吾郎 生誕
恩田吾郎
藤倉電線創業(神田淡路町)善八43歳 1885(明治18)年
1890(明治23)年 恩田吾郎16歳 藤倉電線で製造を始める
ゴム電線製造 1893(明治26)年 恩田吾郎は製造責任者として創業時の藤倉を支えた
藤倉善八逝去 享年59歳 1901(明治34)年
1905(明治38)年 日本電線製造(大日電線の前身)設立
1931(昭和6)年 大日電線株式会社(商号変更)
株式会社フジクラ 三菱電線工業株式会社
ページトップへ